ジルコニア射出成形用コンパウンド(PXAシリーズ)

特徴

流動性・離型性、そして大気脱脂性に優れた独自のバインダー設計により、精密部品、複雑形状品の成形に適したコンパウンドです。

用途

光ファイバー用接続部品(フェルール、スリーブ)、時計部品、携帯端末などの外装部品、自動車用内装部品、医療関連の構造部品、各種産業機器部品

生産体制

グループ会社の東ソー・セラミックス(株)(富山県)において、セラミックス射出成形用のコンパウンドを生産しています。

グローバル体制

日本、欧州、北米の販売拠点から世界各地に販売する体制を整えています。

ジルコニア射出成形用コンパウンドの仕組み

セラミックス原料と有機バインダーを均一に混合して、ペレット化することで得られます。

代表的なグレード

ジルコニア射出成形用コンパウンドは、セラミックス原料と有機バインダーを均一に混合して、ペレット化することで得られます。

PXA-211PH

ジルコニア粉末TZ-3Y-E ベースのコンパウンドです。
脱脂製・流動性を兼ね備えた、使いやすさと性能のバランスの取れたコンパウンドで、精密部品、複雑形状品の成形に適します。

PXA-233PH

ジルコニア粉末TZ-3YS-E ベースのコンパウンドです。
流動性に加えて、大気脱脂性が優れることから、大物部品の成形に適します。

PXA-321PH

ジルコニア粉末TZ-Black ベースの黒色コンパウンドです。
安定した色調が得られ、脱脂性・流動性も優れることから、精密部品から大物部品までの幅広い用途に適します。

PXA-400タイプ

高モルのイットリア安定化ジルコニア粉末ベースのコンパウンドです。

カラージルコニアコンパウンド

PXA-304PH(白)など多彩なグレードを取り揃えております。ジルコニア特有の重厚感と深みのある色合いが得られます。

お客様の製品に合わせたコンパウンドの開発、ジルコニア以外のセラミックス・コンパウンドについてのご相談も承っております。

代表的なグレード
  PXA-211PH PXA-233PH PXA-321PH PXA-304PH PXA-410PH
ベース粉末 ジルコニア(Y2O3=3mol%) ジルコニア(Y2O3=8mol%)
コンバウンド特性
  PXA-211PH PXA-233PH PXA-321PH PXA-304PH PXA-410PH
灰分(wt%) 81.90±0.15 84.60±0.15 84.35±0.15 83.00±0.15 82.85±0.15
流動値(ml/sec) 0.12±0.05(160℃) 0.20±0.15
(160℃)
0.30±0.15(160℃) 0.007±0.005(130℃)
脱脂温度(℃) 450℃(Air)
焼結温度(℃) 1,350℃ 1,450℃ 1,400℃ 1,500℃ 1,500℃
焼結特性
  PXA-211PH PXA-233PH PXA-321PH PXA-304PH PXA-410PH
密度(g/cm3 6.05 6.00 5.45 5.90
曲げ強度R.T.(MPa)*1 1,200 300
硬度(Hv10)*2 1,250 1,400 1,250
カラー ミルクホワイト ブラック ホワイト ミルクホワイト
  • *1:JIS R1601 3点曲げ試験

  • *2:JIS R1610 試験荷重98.07(N)

  • *PXAは東ソー(株)の商標です。

製品に関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5427-5170

高機能材料事業部
セラミックス部