RC活動

レスポンシブル・ケア(RC)活動

東ソーは、環境保全と安全および健康の確保が経営の重要課題であるという認識のもと「環境・安全・健康基本理念」および行動指針を制定し、レスポンシブル・ケア(RC)推進体制を構築してRC活動を進めています。

環境・安全・健康基本理念

東ソー株式会社は事業活動全般にわたって、環境保全と安全及び健康の確保が経営の最重要課題であることを認識し、たゆまぬ化学の革新を通して、顧客の満足が得られる製品・サービスを提供することにより、社会の発展に貢献する。

行動指針

1. 基本姿勢
  • ① 法令規則等の遵守及び自己責任の認識による取り組みの推進
  • ② 目標設定、行動計画の作成及び全員参加による実行
  • ③ 監査の実施による次の行動計画への反映
2. 環境保全への取り組み
  • ① 最少の資源を最大限に活用することによる省エネ・省資源の推進
  • ② 製造プロセス及び運転管理の改善による排出物・廃棄物低減の達成
3. 安全確保への取り組み
  • ① 設備の安全管理による事故・災害の防止
  • ② 防災訓練の実施による緊急事態対応体制の維持管理
  • ③ 事例解析による事故・災害の撲滅
4. 製品に関わる環境・安全確保への取り組み
  • ① 環境・安全・健康に配慮した製品設計と製造プロセスの開発推進
  • ② 新製品・新プロセス開発における事前評価の実施
  • ③ 品質管理の徹底による製品安全の確保
5. コミュニケーションの推進
  • ① 製品及び化学物質の安全管理に関わる情報の提供
  • ② 活動内容に関わる対話を通しての社会からの信頼向上

レスポンシブル・ケアとは

レスポンシブル・ケア(Responsible Care)とは、化学物質を扱う事業者が、化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至るすべての過程において「環境・健康・安全」を確保するとともに、社会との対話・コミュニケーションを行う自主活動です。日本では、日本化学工業協会レスポンシブル・ケア委員会により取り組みが進められています。

東ソーのRC活動は、環境保全、保安防災、労働安全衛生、物流安全、化学品・製品安全、品質保証に関わる業務活動すべてを適用範囲としています。

ロゴ:レスポンシブル・ケア

RC推進体制

RC委員会は、環境保安・品質保証部担当役員を委員長として、各部門長(管理部門、事業部門、事業所)より構成されています。

RC委員会では、全社活動方針の策定、重要事項の審議や勧告および承認、活動に関する重要な諸施策の策定などを行っています。RC委員会の議事結果および年間活動方針は、取締役会にて審議されます。取締役会で承認された活動方針などに基づき、各部門で計画を作成し活動を展開しています。各部門の活動はRC監査にて実施状況を把握し、結果を次年度の改善計画に反映させるPDCAサイクルにより、活動のスパイラルアップを図っています。

活動の結果は、公式ウェブサイトやCSRレポートで公表するとともに、地域社会の皆さまとの交流の場においてもお伝えしています。

RC推進体制図

図:RC推進体制図

RC監査

2017年度は、南陽事業所、四日市事業所、東京研究センター、ウレタン研究所を対象として、それぞれRC監査を行いました。RC委員長と事務局で構成される監査団と被監査側との間で、活動状況と次年度以降の課題が話し合われました。

2012年度以降毎年、南陽および四日市事業所の監査には、南陽事業所爆発火災事故調査対策委員会の副委員長であった岡山大学・鈴木教授に参画いただいています。