ニュースリリース [2006年]

2006年06月26日
東ソー株式会社

燐化学工業を100%子会社化


 東ソーはこの度、当社が60%出資している燐化学工業の東ソー持分以外の株式全てを買取り、東ソーの100%子会社(2006年6月実施)とすることを決定しました。燐化学工業は、黄燐を原料とする『乾式法燐酸』、『赤燐』、及び『燐酸塩』の国内大手企業です。

『乾式法燐酸』の主な用途は、(1)液晶ディスプレイ(LCD)や半導体製造工程に用いられる表面処理用エッチング液の主原料である高純度燐酸、(2)各種飲料等のpH調整剤、(3)保水性を高める化粧品原料など多岐にわたり、『赤燐』は電機・電子産業分野で使用される樹脂向けの赤燐系難燃剤、『燐酸塩』は食品添加物として利用されています。特に近年燐化学工業は液晶・半導体向け用途の大きな需要の伸びに対応し、高純度燐酸プラントを増設するなど、付加価値の高い燐酸事業をより強化しています。

 今回の燐化学工業の完全子会社化は、東ソーの歯磨き用基材、食品工業、金属表面処理などに使用されている『湿式法燐酸』事業(燐鉱石と硫酸から製造)と燐化学工業の『乾式法燐酸』事業との連携をより一層強めることにより、東ソーグループのスペシャリティ事業部門の強化を図るためものです。今後も燐化学工業は東ソーグループの一員として燐酸事業の更なる強化・拡大を積極的に図っていきます。

【燐化学工業株式会社 概要(非上場)】
本社(工場):富山県射水市(いみずし)新堀34番地
社 長 :藤井 修
設 立 :1926年11月
資 本 金 :1億2千万円
売 上 高 :約39億円(2006年3月期)
事業内容 :高純度燐酸、燐製品その他化学製品の製造・販売
従業員数 :約100名