ニュースリリース [2001年]

2001年02月21日
東ソー株式会社

ジルコニアの生産能力を倍増


東ソーは、光ファイバーのコネクタや電子部品製造に使用されるジルコニア粉末の生産能力を現状の約2倍にあたる年産1300トンに引上げることを決定。
 南陽事業所内で今春着工、秋の完工を予定しています。

 東ソーのジルコニア粉末事業は、年産200トンの商業プラントを1988年に立上げ、1996年に年産370トン、そして昨年の8月には年産620トンへと設備能力を大幅に増強し、世界シェアの約60%を占めるに至っています。
 今回の能力増強は、今後も継続して大幅な需要増が見込まれ、年内には世界的に供給不足が予測されることから、決定したものです。

 現在、光ファイバーによる情報通信網の普及が世界的に進んでおり、ジルコニアセラミックスを使用する光ファイバー用コネクタの需要が急速に伸びています。これに応じて、コネクタメーカー各社も大幅な増産計画を打出しており、これらのユーザーから旺盛な引合いが寄せられています。
 一方、携帯電話などに使用される電子部品製造の為の粉砕ボール用途も増加の一途を辿っており、これらの需要増に応える形で大幅増強に踏み切りました。

 東ソーが生産するジルコニア粉末は、イットリア安定化ジルコニアというタイプの粉末であり、この粉末から得られたジルコニアセラミックスは、強度と靱性に優れており、強くて丈夫なエンジニアリングセラミックスとして各種構造部品の用途に使用されています。
 東ソーのジルコニア粉末は、品質の安定性に優れており、高い信頼性が要求される光ファイバー用コネクタなどの高機能・高品質用途では、世界市場の約90%のシェアを占めるに至っています。