ニュースリリース [2000年]

2000年06月22日
東ソー株式会社

東ソー・アクゾを100%子会社化


東ソー株式会社

東ソー・アクゾを100%子会社化


 東ソーはアクゾノーベル(本社 オランダ)と日本において、東ソー・アクゾ(本社 東京都港区、資本金5億円、出資比率50%:50%)とアクゾ・カシマ(本社 茨城県鹿島郡、資本金20億円、出資比率30%:70%)を合弁会社として運営してきましたが、本日、東ソーが東ソー・アクゾを、アクゾノーベルがアクゾ・カシマを夫々100%子会社としました。

 なお、東ソー・アクゾとアクゾノーベルは製品供給や技術協力を中心に引き続き緊密な関係を持続する事で合意しています。

 東ソー・アクゾは、歯磨き用研磨剤として用いられる第二燐酸カルシウム、合成ゴム、ポリプロピレンおよびポリエチレンなどの合成樹脂の重合触媒、医・農薬向け有機中間体などの製造・販売を行なっており、特に有機中間体事業においては東ソーのファイン・ケミカル事業と深く関わりを持っています。
 一方、アクゾ・カシマは、自動車タイヤ用加硫剤の製造・販売や電磁波測定事業などを行っていますが、これらの事業は東ソーとの関連が薄く、また、工場が鹿島に立地している点からも持ち株比率30%の意味合いは小さくなっており、両社が各々の事業分野へ集中し効率化を図る事で意見が一致し、今回の決定に至りました。

 東ソーは、事業構造改革策の一つとして、選択と集中をすすめる一方、連結経営の強化・効率化を推進していますが、東ソー・アクゾを100%子会社化することで、東ソーグループの一員として事業の一層の推進を図って行きます。

 なお、東ソーとアクゾノーベルは、オランダでの合弁会社デラミンをはじめさまざまな分野での協力関係は従来どおり続けてきます。