ニュースリリース [2000年]

2000年06月07日
東ソー株式会社

フィリピンで塩ビ樹脂の生産能力を増強


東ソー株式会社
三菱商事株式会社





フィリピンで塩ビ樹脂の生産能力を9万トン増強


 東ソーと三菱商事がフィリピンにおいて現地パートナーとともに出資している塩ビ樹脂の製造販売会社である「PRII」(フィリピン・レジンズ・インダストリィーズ)は生産能力を年産9万トン増強し、同16万トンとすることに決定しました。
 まず現在有している第一系列の同7万トン設備を本年12月までにデボトルネッキング(手直し増強)により同9万トンに増強します。さらに2002年6月完工を目標に第二系列として同7万トンを新設する方針を決定し、ただちに資金調達を含む詳細検討に着手します。
 投資金額はあわせて約40億円。

フィリピンでは1998年に経済危機が表面化し、塩ビ樹脂の国内需要は7万トン程度に減少したものの、1999年は1997年並みの10万トンまで回復しています。今後も同国内の社会資本整備に伴う塩ビパイプや電線向けなどに需要が拡大し、年率10%を超える成長が見込まれています。

 PRIIは年産7万トンの第一系列を約60億円投資して1998年10月に完工、同年12月末に商業運転を開始して以来フル稼動が続いており、フィリピンにおける塩ビ樹脂のさらなる需要増加に対応するため今回の決定に至りました。

 東ソーの塩ビ樹脂事業は、南陽事業所のペースト塩ビ(年産能力2万8千トン)をはじめ、関係会社として国内では最大手の大洋塩ビ(同61万トン)、徳山積水工業(同11万トン)、海外ではPRIIのほか、インドネシアのスタンダード・トーヨー・ポリマー(同8万6千トン)やサトモ・インドビル・ポリマー(同7万トン)とアジア地域において積極的に展開しています。今回のPRIIの増強により、東ソーが関与する塩ビ樹脂の生産能力は年間106万4千トンとなります。
 また、東ソーは、1999年7月に塩ビ樹脂の原料である塩化ビニルモノマー(VCM)の増強を完了、現在の生産能力は年間105万トンとなっており、アジアにおけるこれら塩ビ樹脂の関係会社に対しても相当量を供給していきます。


PRIIの概要
  本社 ; Philippine Resins Industries, Inc.(PRII)
(フィリピン・レジンズ・インダストリィーズ)
資本金 ; 10億ペソ(約27億円)
株主構成 ; 東ソー 20%
三菱商事 20%
Bank of The Philippine Islands(BPI)
(フィリピン諸島銀行) 11%
Mabuhay Vinyl Corporation(MVC)
(マブハイ・ビニル) 49%

事業内容 ; 塩ビ樹脂の製造および販売
プラント ; <プロセス> 東ソー技術によるサスペンション法
<生産能力> 現在 年産 7万トン
新増設 年産 16万トン

<工期> 第一系列手直し増強 2000年12月完工
第二系列新設 2002年 6月完工

<立地> フィリピン バターン州 リマイ地区

(ご参考)
アジア地域における東ソーの塩ビ樹脂の製造・販売会社の概要
  ○スタンダード・トーヨー・ポリマー(スタトマー)
      立地 ; インドネシア 西ジャワ メラク地区
設立 ; 1975年5月
能力 ; 年産8万6千トン
株主構成 ; 東ソー60%、三井物産40%

 
○サトモ・インドビル・ポリマー
      立地 ; インドネシア 西ジャワ ボジョネガラ地区
設立 ; 1996年1月
能力 ; 年産7万トン
株主構成 ; 東ソー25%、住友商事25%、サリムグループ50%
 
以上   

お問い合わせ先
  東ソー(株)   広報室   松村   03-3505-4531
  三菱商事(株)   広報部   小林 03-3210-2104