ニュースリリース [2000年]

2000年02月03日
東ソー株式会社

大洋塩ビ(株)を再構築


東ソー株式会社
三井化学株式会社
電気化学工業株式会社

大洋塩ビの再構築について


 東ソー、三井化学、電気化学工業は、1996年1月に設立した塩ビ樹脂の製造・販売会社である「大洋塩ビ株式会社」をこのほど、発展的に解散、大洋塩ビは新たな運営体制のもと本年4月1日より営業を開始します。新社名は引き続き大洋塩ビを継承します。
 なお、大洋塩ビから生産委託を受けている親会社3社の製造設備(四日市、大阪、千葉)に関しては、本年3月31日をもって同社に譲渡します。また、研究所は四日市に集約、技術サービスに関しては従来どおり上記3拠点で行います。

 大洋塩ビは、塩ビ樹脂事業の国際競争力の強化と事業の拡大を図るため、製造、物流などの面で合理化を推進、目標どおり3年目で年間約30億円の合理化を達成しました。しかし、その間、国内景気の低迷やアジアの経済混乱など事業環境は悪化し、大洋塩ビの業績は改善されてはいるものの厳しい状況が続いており、累積損失は1999年3月末にて147億円に至っています。

 大洋塩ビは年産61万トン(四日市;31万トン、大阪;21万トン、千葉;9万トン)の塩ビ樹脂の生産能力を有しており、原料となる塩ビモノマーについては、四日市は当初より、千葉は1997年10月より、大阪は2000年1月より全量、東ソーからの供給となっています。
 今般、親会社3社は、大洋塩ビの製造・販売・研究を完全に一体化し、東ソーの塩ビモノマーのコスト競争力を最大限活かし得る新体制を構築することが必要と判断し、大洋塩ビを東ソー主導の運営形態で再構築することに合意しました。

 今後も、親会社3社は協力して大洋塩ビの収益改善、事業強化に取り組んでいきます。


【大洋塩ビ株式会社 新体制の概要】
1.本社 : 東京都港区赤坂1-9-20
2.工場 : 四日市、大阪、千葉
3.資本金 : 60億円
4.出資比率 : 東ソー68%、三井化学16%、電気化学工業16%
5.役員 : 取締役社長 日野清司(東ソー 専務取締役)
6.従業員 : 約190名(2000年4月1日の予定人数、製造部門を含む)

  

<お問い合わせ先>
  東ソー 広報室   三井化学 広報室   電気化学工業 広報室
  03-3505-4531   03-3592-4060   03-3507-5074