What Tosoh researchers aim for

研究所トップインタビュー

自身のテーマを広く発信し、
失敗を恐れずチャレンジする。
知と知を繋ぎ化学反応を起こすことで、
新しい価値が生まれる。

山田 正幸
取締役常務執行役員 機能商品セクター長
エンジニアリングセクター長 研究企画部長

Chapter 01

化学業界を取り巻く状況

化学メーカーが主導するサステナブルな社会の実現。

化学は、物質を科学する学問としてありとあらゆる産業分野に深く関わり、その基盤を支えてきました。東ソーもまた化学メーカーとして産業界に不可欠な素材・製品を提供することで社会の発展、人々の暮らしに貢献し続けています。しかし、現代では単に利便を追求するのではなく、持続可能な社会の発展を実現することが求められています。サステナブルな社会の実現に向けて、あらゆる産業の基盤を支える化学メーカーの果たすべき役割は今後ますます大きくなっていくでしょう。とりわけ環境負荷の低減やCO2削減は、化学が解決すべき世界的課題のひとつです。

こうしたサステナブル社会の実現、環境負荷低減といった分野でも、東ソーの技術は世界をリードしています。たとえば自動車の排ガス規制、とくにディーゼルエンジンに対するNOx規制が強まるなか、世界中で利用されている環境触媒「ハイシリカゼオライト」をはじめとして、工場排水やゴミ焼却灰に含まれる有害な重金属を処理する「重金属処理剤」、自動車や住宅のVOC(揮発性有機化合物)対策に有効な「アルデヒド補足剤」、「リチウムイオン二次電池材料」など、数多くの先端的な製品を世に送り出してきました。またCO2の固定化とその利用に関する研究も実現化に向けて動き始めています。

Chapter 02

東ソーの研究開発体制

7つの研究所を拠点に外部研究機関との連携を推進。

東ソーの研究開発を担っているのが技術分野、機能別に編成した7研究所です。主として高分子材料研究所、ウレタン研究所、無機材料研究所、有機材料研究所の4研究所が事業系研究を担い、アドバンストマテリアル研究所、ライフサイエンス研究所、ファンクショナルポリマー研究所の3研究所が先端分野における次世代のシーズを育てるコーポレート研究に取り組んでいます。また、「ライフサイエンス」「環境・エネルギー」「電子材料」の3分野を重点領域と位置づけ、保有技術のシナジーを活かした研究所横断的な研究開発も推進しています。

東ソーが現在のポジションを維持・発展させていくには研究開発力のさらなる強化が欠かせません。そのため東ソーではオーガニックに研究を進めるだけでなく、研究成果を広く発信すると同時に世界の知見を取り入れ、シナジーを生み出すことに力を入れています。2019年には東京大学と高効率合成プロセスの開発をめざす社会連携講座を開設するなど、現在、大学や研究機関、世界のパートナー企業と数多くの共同研究を進めています。また海外にも研究拠点を持ち、ダイバーシティのなかで幅広い発想を生み、育てる環境を整備したいと考えています。さらにマテリアルズ・インフォマティクス(※)や電子実験ノートの導入など、研究者・研究所間の情報共有体制の強化にも取り組んでいます。

※マテリアル・インフォマティクス
材料情報科学。材料に関するさまざまなデータを統合・整理し、データマイニング技法によって必要な知識を取り出す研究開発手法。従来の実験手法に比べ、新規材料探索などを効率よく行うことが可能となる。

Chapter 03

研究風土

若手のチャレンジを後押しする自由闊達な風土。

入社年次や経験に関係なく自由闊達に議論を行い、若手社員のチャレンジを後押しする。それが東ソーの研究風土です。私が入社した1985年当時、すでにその自由な風土は根づいていました。私自身、東京研究センターに配属された入社初年度に5企業合同のバイオ医薬研究に派遣されるチャンスを与えられ、その経験がのちの成長の糧になりました。その伝統はいまも変わりません。東ソーは若手研究者を積極的に共同研究へ派遣し、海外研究機関へ留学させるなど、数多くチャレンジの機会を用意しています。自身の考えをまとめてしっかり提案し、真摯に取り組む姿勢があれば、新しい研究テーマにもどんどん挑戦してもらいます。挑戦しての失敗はかまわない。失敗も貴重な経験だと私は考えています。

研究開発、とりわけ次世代に向けた研究は実を結ぶまでに長い年月を必要とします。現在は歯科材料をはじめ、さまざまな用途に利用されるセラミックのジルコニア粉末も事業を開始してしばらくの間は苦労続きで、事業を続けるかどうかが経営会議の議題にのぼったこともありました。それでも粘り強く用途開発・製品開発を進め、ようやく花開いたのです。もちろん事業性に鑑みて撤退する研究テーマも少なくありません。成功するのはほんの一握りです。しかし、研究成果が興味深いものであれば大きな反響があります。自分が生み出した研究成果が世の中にインパクトを与え、用途が広がっていく体験は研究者ならではの醍醐味です。だからこそ失敗を恐れず、新しいことにチャレンジしてほしい。私が若い研究者に期待するのは粘り強いチャレンジ精神です。

Chapter 04

求められる研究者像

知と知を繋ぎ、新しい価値を生み出す。

自分のテーマにしっかり取り組み、極める。それが研究者のあるべき姿であることはいつの時代も同じです。一方でこれからの時代においては、自分の研究成果を広く世に問うことも大切になります。それは論文や学会発表に限りません。共同研究や外部機関との協力を通して知と知を繋ぎ、化学反応を起こして研究を発展させていく。その意味で、これからの研究者、技術者にはコミュニケーション力が求められます。社会のニーズを肌で知るために顧客企業を何度も訪れるメンタリティも必要となるでしょう。自ら発信し、また外部の知見を積極的に受け入れる。外部研究機関やパートナー企業、他分野の研究にも高くアンテナを掲げ、学際的なところで新しい価値を生み出していく。それがこれからの研究開発の主流になるはずです。

もちろんグローバルな視野も不可欠です。東ソーは世界各地に拠点を持ち、海外売上比率も4割を超えました。世界市場で戦える製品を開発することが、東ソーの研究者に課されたミッションです。そのため東ソーでは若い人材を海外拠点に積極的に派遣しています。世界を相手にチャレンジし、成長したい人にとって東ソーは絶好のステージになるでしょう。また、研究者のキャリアパスも豊富で、自身の研究テーマを海外で事業化するといった未来の選択も可能です。個人的には、今後ユニークな研究テーマを期間限定で事業化支援する社内ベンチャーのような制度も考えています。このように、東ソーにはチャレンジする舞台があり、若い人材の意欲を後押しする風土と制度があります。ぜひチャレンジスピリッツを持って東ソーの門をたたいてください。

PAGE TOP