RC活動

化学物質管理

東ソーは、国内外の化学物質法規制を遵守し、世界的に求められている化学物質の安全な管理に努めています。

サプライチェーン全体での化学物質管理のため、製品が含有する化学物質に関する情報の公開と提供を行っています。

化学物質管理強化の推進

2002年のWSSD※1で採択された「2020年までに化学物質の人や環境への悪影響を最小化する」という目標達成に向け、各国で化学品に関する法規制の制定・改正が行われるとともに、企業はサプライチェーン全体での化学物質管理が求められています。

東ソーも、法規制の制定・改正に関する情報収集の強化やサプライチェーン全体における化学物質管理の強化・リスクの最小限化に努めています。

  • ※1 国連の地球環境問題に関する国際会議(World Summit on Sustainable Development)

化学物質管理システム

社内で取り扱う化学物質を一元管理し、抜けのない法規制対応を行うため、2016年に化学物質管理システムを導入しました。

システムイメージ

図:システムイメージ

製品リスクと情報公開

2017年度は、安衛法で追加された化学物質について、各事業所でSDS※2、ラベルの対応とリスクアセスメントを実施しました。

また、化学物質の安全情報の発信としては、全製品のSDSの作成・提供に加え、一部SDSを公式ウェブサイトで公開しています。安衛法の表示対象物質を含有する製品については、ラベル表示を実施しています。

  • ※2 含有する化学物質やその危険有害性などを記載する「安全データシート」

法令対応

新たに製品を上市する場合、各国の規制に従った届出、登録、数量届出などが必要となります。東ソーでは各国で実施・検討されている、既存物質のデータ提出を義務付けた法規制の改定に対応しています。

国内では化審法・安衛法の新規化学物質の申請、化審法の数量届出などに適切に対応しています。

海外の法規制については2018年5月末に欧州REACH※3の既存物質の登録申請を完了、2018年6月末に韓国K-REACH※4の登録対象既存化学物質の登録に対応しました。この他、改正米国TSCA※5への対応も行っています。

  • ※3 欧州における健康や環境の保護を目的として施行された化学物質の登録・評価・認可および制限に関する規則
  • ※4 韓国における化学物質の登録および評価に関する法律
  • ※5 健康や環境を損なうリスクの防止を目的とした有害物質規制法

化学物質規制に関する教育

東ソーでは、化学物質の法規制に適確に対応するため、関連部門、グループ会社への教育を行っています。

2017年度は、本社、事業所、研究所、グループ会社にて海外法規制説明会を開催し、延べ140人が参加しました。また、本社、事業所にてGHS※6制度説明会を開催し、延べ160人が参加しました。

  • ※6 化学品の危険有害性の分類と表示方法を世界的に統一するため、国連で制定されたシステム

製品安全審査

製造物責任法(PL法)の主旨にのっとり、全従業員が協力して製品の安全性の確保と適正な製品情報の提供に努めています。

また、製品安全審査会では、研究開発から販売までの各検討段階で安全性や法規制について審議しています。2017年度は、47回開催しました。

図:製品安全審査