知的財産

知財部門の最も重要な役割は、研究開発の成果として得られた技術を広く、確実な権利として確保し、シェアや利益の拡大に貢献することにあります。
知財部門は事業部門・研究部門と連携しながら、将来企業価値を高める知的財産を創出するため、知財活動を行っています。

基本方針

執行役員 法務・特許部長 吉村 浩幸執行役員
法務・特許部長
吉村 浩幸

知財部門が利益を生む知財を創出する「エンジンとなる部署」、また、権利行使・他社特許対応に関して「頼りになる部署」となるべく、事業部門・研究部門と密なコミュニケーションを取っています。研究戦略・事業戦略に対応するべく、3つの基本方針に基づいた知財活動を行っています。

  • 戦略的出願の指導強化
  • 特許調査・解析および情報収集機能の強化
  • 知財ランドスケープ(IPL)※1の強化
  1. 知財情報を活用した経営戦略・事業戦略を策定し、展開するための新手法

執行役員 法務・特許部長 吉村 浩幸執行役員
法務・特許部長
吉村 浩幸

戦略的出願

東ソーでは、計画的な特許出願を目指し、知財部門が研究部門と特許検討会やワークショップを開催するなど、リエゾン活動※2を強化しています。リエゾン活動は、立案した権利化戦略に沿って、事業に貢献する有効で強い特許を生み出す、とても重要な活動です。
また、研究所設定の重点テーマについては、外部の特許事務所を活用しながら、戦略的な特許出願を進め、特許網を構築しています。
特許網の構築にあたっては、グローバルな事業展開を考慮して、米国・中国・欧州ならびに事業展開のキーとなる国々に対して、積極的に外国出願を行っています。
また、過去の知的財産が後に利益をもたらす事例に基づき、目標に掲げた出願ばかりでなく、計画外の特許出願発掘にも力を入れています。

  1. 知財戦略立案、発明発掘、出願、中間処理、という出願から権利化までの特許庁の対応。

特許調査・解析および情報収集機能

自社の事業に活かすことのできる有益な情報を入手するため、また、自社にとって障害となる可能性のある特許の存在を把握するために、特許調査は重要です。
特に、他者の特許権侵害を未然に防ぐことを目的とする特許侵害予防調査(パテントクリアランス調査)はとても重要であり、強化しています。具体的には、自社の製品の製造および販売などが他者の特許権や出願を抵触していないかの特許調査などを行っています。
また、特許調査AIツール、特許解析ツール、および企業情報・技術動向調査ツールを新たに導入し、機能強化を図っています。

知財ランドスケープ(IPL)

知財情報や非知財情報の総合的解析に基づいて事業部・研究所をサポートすることを目的とし、IPLの構築を進めています。
製品に要求される性能や機能は、年々、高度化、多様化しています。また、要求の機会が短期化しています。グローバルな競争に勝ち抜いていくためには、継続的に研究開発を推進し、種々の情報を収集・解析し、有効活用することが極めて重要です。
東ソーでは、研究所・事業部・知財部門が連携し、知財情報や非知財情報を収集・解析しています。フレームワークや解析ツールを用い、知財および非知財情報を整理・分析することにより、新規事業、新規用途の創出につなげていきます。さらに、事業戦略・研究戦略・知財戦略の融合を図り、経営の基本方針の確実な実現に貢献します。

知財ランドスケープ(IPL)

  • IPL構築活動をする研究・事業・知財部門IPL構築活動をする研究所・事業部・知財部門