ステークホルダーとのコミュニケーション

東ソーグループは、主要なステークホルダーを株主・投資家、お客さま、地域社会、行政・自治体、取引先、従業員と捉えており、事業活動を通じて企業の社会的責任への取り組みを積極的に推進しています。

ステークホルダーとのつながり

東ソーグループは、企業理念、CSR基本方針を礎として、環境・社会・ガバナンスへの取り組みを製品・サービスを通じて、ステークホルダーに価値を提供しています。

これからも、ステークホルダーの信頼に応えるため、事業活動を通じたCSR活動を進めていきます。

図:ステークホルダーとのつながり

ステークホルダーとの対話

公式ウェブサイトやCSRレポートなどを通して、事業活動に関わる情報をステークホルダーに適時適切かつ迅速に提供しています。

さまざまな対話の機会を設けることで、ステークホルダーから評価や意見をいただき、事業活動に反映させています。

  東ソーの役割 コミュニケーション・ツール コミュニケーションの機会
株主・投資家
  • 業績、経営方針、経営戦略などの情報を適時適切に開示
  • 株主・投資家との信頼関係の構築
  • 株主還元
  • アニュアルレポート
  • 決算短信・決算説明会資料
  • 有価証券報告書
  • 事業報告書
  • 株主総会
  • 決算説明会
  • 電話会議
  • スモールミーティング
  • 個別面談
  • 工場見学
お客さま
  • 安全・安心・安定・高品質の製品とサービスの提供
  • お客さまとの信頼関係の構築
  • お客さまの要望を製品開発につなげ、お客さま満足度を向上
  • 各製品パンフレット
  • 安全データシート(SDS)
  • お問い合わせ窓口
  • 営業活動
  • 品質保証サポート
  • 各種展示会
  • ユーザー監査
  • コールセンター
地域社会
  • 安心・安全操業の徹底
  • 地域の発展への貢献
  • 地域社会との信頼関係の構築・継続
  • 各事業所・研究所パンフレット
  • 工場見学
  • 地域イベントでの交流
  • 地域対話・意見交換会
行政・自治体
  • 法令遵守
  • 適時適切な情報開示
-
  • 各種届出
  • 各種会議
取引先
  • 公平・公正な取引の徹底
-
  • 購買活動
従業員
  • 働きやすい・働きがいのある職場の提供
  • 従業員の能力を最大限に発揮できる制度・教育の充実
  • 従業員とその家族の安定した生活の確保
  • 東ソーグループ報(社内報)
  • イントラネット
  • 相談・通報窓口
  • 労使協議会
  • 各種研修
  • ビジネスリポート(上司面談)
  • 職場懇談会

株主・投資家との対話

株主・投資家の皆さまに東ソーグループをご理解いただくため、適切な情報開示を行うとともに、積極的なコミュニケーションに努めています。

株主構成(2018年3月末現在)

グラフ:株主構成(2018年3月末現在)

  • ※ 当社は、2017年10月1日付で普通株式2株を1株に併合しております。

投資家対応件数

  2015年度 2016年度 2017年度
件数 287件 253件 231件

決算説明会

写真:決算説明会

第2、第4四半期の決算発表時に合わせて説明会を、第1、第3四半期の決算発表時にはカンファレンスコール(電話会議)を機関投資家・アナリスト向けに実施しています。説明会では、社長、経営管理室長、各セクター長が出席し、皆さまからの質問に対して、即座に回答できるようにしています。また、説明会で使用した資料は公式ウェブサイトにも公開し、どなたでも閲覧できるようにしています。

説明会には約90人、カンファレンスコールには約70人の方に参加いただいています。

株主総会

株主総会開催日の3週間前に招集通知を発送、その1週間前には公式ウェブサイトに開示しています。直近3年間では、株主総会に平均で370人の方に参加いただいています。また、(株)ICJ運営の議決権行使プラットフォームでも、インターネットによる議決権を行使できるようにしています。

お客さまとの対話

営業活動を通じたコミュニケーション

日々の営業活動を通じて、お客さまの改善要求や将来ニーズを把握しています。訪問時には、研究開発部門の担当者も同行し、お客さまの質問や要望に迅速に対応できる体制を整えるとともに、ニーズに合わせた製品サービス、技術を提供しています。営業・研究開発・製造の各部門が一体となり、お客さまの満足度向上に取り組んでいます。

その他国内では、大阪・名古屋・福岡・仙台・山口に営業拠点を置き、地域に密着した営業活動を行っています。お客さまの使用拠点の近くに製品倉庫を置き、デリバリーのスピード向上と輸送中のトラブル防止につなげています。

バイオサイエンス事業部の取り組み

写真:バイオサイエンス事業部 展示会の様子バイオサイエンス事業部
展示会の様子

バイオサイエンス事業部では、カスタマーサポートセンターを設けています。製品開発から製造、営業、製品のメンテナンスまで東ソーグループ内で行うことで、スピード感をもったお客さまへのサポートを実現しています。また、製品に関して気軽にお問い合わせいただけるコールセンターの運営、製品を正しくご使用いただくためのトレーニングスクール開催、各種試料に対する最適分析条件の提案、診断システムの制度管理サポートなどを行っています。

有機化成品事業部の取り組み

写真:有機化成品事業部 洗浄試験の様子有機化成品事業部
洗浄試験の様子

東京研究センター内に洗浄技術室を開設し、工業用洗浄のスペシャリストが、お客さまの洗浄システム導入からアフターフォローまでサポートしています。お客さまの立会いのもと、実機レベルの設備を用いた洗浄試験を実施し、さまざまな角度からの検討を行い、要望にきめ細かく対応した洗浄システムを提案しています。

取引先との対話

東ソーは、サプライチェーンマネジメントをCSR重要課題のひとつとして位置付け、購買活動に関するシステム整備を進めています。また、定期的に取引先を訪問し、コミュニケーションを図っています。

引き続き、公平・公正な購買活動を通じて取引先との信頼関係を構築していくとともに、サプライチェーン全体でCSRを意識した購買活動を推進していきます。

社会貢献活動

東ソーは、事業活動を通じて地域社会の発展に貢献することで、社会との共存・共栄を目指しています。そのために、国内外の各地域において、地域社会との対話の機会を積極的に設け、良好な信頼関係の構築に努めています。

地域との共存

事業所近隣地域とのコミュニケーション

各事業所では、環境保全や保安防災、安全対策などについて行政や地域住民の皆さまとの意見交換の場を定期的に設けています。

東ソーの事業活動や取り組みを紹介するだけでなく、日頃東ソーに対して感じていることや要望などを聞くことで、今後の活動改善につなげています。地域の皆さまとの対話を通じ交流を深め、安全・安心で信頼される企業を目指していきます。

写真:近隣自治会事業所見学会(南陽地区)近隣自治会事業所見学会(南陽地区)

写真:周南地区地域対話周南地区地域対話

写真:霞ヶ浦地域公災害防止協議会(四日市地区)霞ヶ浦地域公災害防止協議会(四日市地区)

事業所見学者数

2016年度 2017年度
2,382人 4,004人

地域イベントへの参加

地域と企業がともに発展するためには、地域の皆さまと直接触れ合いながら、同じ目的に向かって何かを一緒に成し遂げることが重要であるという考えのもと、各地域のイベントにも積極的に参加しています。

引き続き、地域と東ソーグループがともに持続的発展を遂げられるように活動を続けていきます。

写真:第43回サンフェスタしんなんよう(南陽地区)第43回サンフェスタしんなんよう
(南陽地区)

写真:第30回四日市港 カッターレース大会(四日市地区)第30回四日市港カッターレース大会
(四日市地区)

次世代育成

社会見学会

子どもたちに化学の楽しさや化学産業に興味をもってもらうことを目的に、さまざまな活動を行っています。

地域の小中学生を対象とした社会見学会の受け入れを行い、ものづくりへの親しみや楽しさを感じてもらうほか、実験を通して化学の不思議な現象や面白さを体験してもらうなど、化学を身近に感じてもらえる場を提供しています。

写真:子ども見学会(ウレタン研究所)子ども見学会(ウレタン研究所)

写真:社会見学(東ソー物流(株))社会見学(東ソー物流(株))

出前授業

東ソーの若手メンバーが中心となって、地域の小学校を訪問し、出前授業を行っています。事業所の概要や東ソー製品の社会貢献をクイズ形式で学び、重曹を用いたオリジナル入浴剤づくりやコルク飛ばしなどの化学実験を体験してもらいました。

写真:出前授業(四日市地区)出前授業(四日市地区)

写真:夏休み子ども化学実験ショー(本社地区)夏休み子ども化学実験ショー(本社地区)

TRY!活動

南陽事業所では、地域のこどもたちが化学に興味をもってもらえるよう、TRY!メンバーによる化学実験などのさまざまな活動を行っています。

  • Tosoh Responsible Care Youth。RCについて考える、若手メンバーの自主的な集まり。

写真:やまぐち総合ビジネスメッセ2017やまぐち総合ビジネスメッセ2017

写真:富田小学校出前授業富田小学校出前授業

出展 実施日 参加
者数
活動テーマ 活動内容
夏休みジュニア科学教室(主催:県産業振興財団) 7/23(日) 20人 重曹とクエン酸を使った実験

重曹と発生する炭酸ガスについて、実験を通じて知ってもらう。

  • 重曹とクエン酸を混ぜた入浴剤づくり
  • 入浴剤から発生する炭酸ガスの性質を用いた、ろうそく消化実験、容器のキャップ飛ばし実験、シャボン玉が浮かぶ実験
おもしろワクワク化学の世界-'17山口化学展(主催:日本化学会中国四国支部) 8/25(金)~8/27(日) 100人 水処理大作戦~体感!化学反応の世界~ 絵の具で着色した水を水処理剤で透明にする実験を通じて、化学反応の世界を楽しんでもらう
周陽中学校での職業講話(中学校1年生を対象にした職業講話) 9/29(金) 154人 職業調べ、職業講話の学習への協力 東ソーの製品や南陽事業所についてだけでなく、仕事を選んだ理由ややりがい、苦労話などを授業形式で講話を行う
やまぐち総合ビジネスメッセ2017(主催:やまぐち総合ビジネスメッセ実行委員会(山口県商工労働部商政課)) 10/28(土) 154人 字消しをつくろう ペースト塩ビを使って、カラフルで思い思いの形の字消しづくり
周南ゆめ物語(主催:周南ゆめ物語実行委員会 共催:長州科楽維新プロジェクト運営委員会、山口大学) 12/10(日) 100人 洗濯のりからスライム・スーパーボールを作ろう! 蓄光塗料を混ぜた「光るスライム」と砂鉄を混ぜた「動くスライム」づくり。更に作ったスライムから「スーパーボール」を作る
富田東小学校での出前授業(小学校3年生を対象にした出前授業) 2/27(火) 87人 東ソークイズと重曹を使った化学実験 東ソーについて学んでもらうための東ソークイズ、重曹を使った入浴剤づくり、容器のキャップ飛ばし、体育館をいっぱいに使ったコルク飛ばし

小学校への特大プリズム贈呈

写真:石英ガラス製のプリズム石英ガラス製のプリズム

東ソー・エスジーエム(株)では、理科の面白さを体験してもらうために、同社の石英ガラスを加工・研磨したプリズムを山口県周南市の全27小学校に贈呈しました。理科の教材用として、光を七色に分光し、光の特性を体験学習してもらいました。子どもたちからは、「プリズムをのぞくときれいな虹が見えて感動した」と化学の不思議や楽しさを感じてもらいました。

一般に目にすることのない石英ガラスの美しさを通して、子どもたちが理科だけでなく化学にも興味をもつことを期待しています。

スポーツ大会

南陽事業所では、スポーツを通じて、地域とともに子どもたちの健全な育成を目指す目的で、野球大会とサッカー大会を開催しています。

写真:第10回東ソー杯周南市学童軟式野球大会第10回東ソー杯周南市学童軟式野球大会

写真:東ソーカップサッカー大会東ソーカップサッカー大会

環境保全

地域清掃ボランティア

近年、プラスチック海洋ゴミが社会問題となるなかで、プラスチック製品の原料を製造する会社として現状を深刻に受け止め、海岸や河川周辺の清掃を行っています。2017年度は、各地域で総勢120人近くが参加しました。

また、各事業所の周辺地域や地域の花火大会などが終わった後のイベント会場なども清掃しています。清掃活動をするだけではなく、目的や意義を明確にし、従業員の意識改革にも取り組んでいきます。

写真:高松海岸ボランティア清掃(四日市地区)高松海岸ボランティア清掃(四日市地区)

写真:事業所周辺清掃(東京研究センター)事業所周辺清掃(東京研究センター)

クリーンアップ・マイ・NANYOは、2017年度より活動内容を「市内歩道の清掃作業」から、公園を快く利用できるようにとの思いから「市内富田地区の各都市公園の除草作業(6カ所)」へ変更しました。

写真:クリーンアップ・マイ・NANYO(南陽地区)クリーンアップ・マイ・NANYO(南陽地区)

里山保全活動

写真:里山保全(四日市地区)里山保全(四日市地区)

南陽および四日市事業所では、里山保全活動に積極的に取り組んでいます。森林の除草や植林の枝打ちを行うことによって日光が森林に差し込み、木の成長を促し、森が保水力を高めることで、生態系の維持に貢献しています。

南陽事業所では、山口県主催の「水を守る森林づくり推進事業」に毎年参加しています(2017年度は雨天中止)。四日市事業所では、四日市自然保護推進委員会主催の活動に22人が参加し、年々里山が生まれ変わってきている様子が見られ、活動の励みとなっています。

被災地支援

熊本地震における災害廃棄物をセメントプラントで受け入れ

写真:災害廃棄物受け入れ(南陽事業所)災害廃棄物受け入れ(南陽事業所)

2016年4月の熊本地震で発生した災害廃棄物のうち、使用不能となった廃家電などを破砕し、金属を取り除いた後の残さの受け入れ処理を行っています。これらの廃棄物は、セメントプラントの燃料としてリサイクルされると同時に原料の一部にもなり、二次廃棄物が発生しないため、最終処分場の負担軽減にもつながっています。

2017年7月から2018年1月にかけて約220トンの受け入れ処理を行い、災害復興を支援しています。

西日本豪雨に伴う災害ボランティア

写真:災害ボランティア(南陽事業所)災害ボランティア(南陽事業所)

2018年7月に西日本を襲った記録的な豪雨で被害を受けた周南市熊毛地区にて、災害ボランティアを行いました。

世界での活動

アメリカ

アメリカでは、寄付や募金活動を通じて、地域の活動に参加しています。糖尿病患者のケア・低減を目的に募金活動を行うサイクリング大会"Tour De Cure"に参加しているほか、地域の貧困家庭への援助としてクリスマスギフトを届ける活動を行っています。

写真:The Season of GivingThe Season of Giving

写真:Tour de CureTour de Cure

フィリピン

Philippine Resins Industries, Inc.では、地域に密着したさまざまな活動を行っています。

2017年度は、海岸清掃、マングローブ植林、救急車の贈呈、獣医局と提携した狂犬病予防接種と去勢プログラムへの参加など、幅広く活動しました。

写真:マングローブ植林マングローブ植林

写真:海岸清掃海岸清掃