社外からの評価

東ソーの品質や研究成果、環境に関する取り組みは、社外から高く評価されています。

2017年度の受賞実績を紹介します。

インテルコーポレーションよりPQS賞を受賞

Tosoh Quartz, Inc.とTosoh SMD, Inc.の2社が、インテルコーポレーションからPQS(プリファード・クオリティー・サプライヤー)賞を受賞しました。

この賞は、インテルコーポレーションの主要な供給企業に継続的かつ卓越した改善を奨励するために設けられているものです。品質、コスト、供給体制、技術力、カスタマー・サービス、労働および倫理要件、環境面でのサステナビリティに対して、重点的かつ献身的な取り組みが評価されました。

写真:Tosoh Quartz, Inc.Tosoh Quartz, Inc.

写真:Tosoh SMD, Inc.Tosoh SMD, Inc.

無災害特別賞を受賞

写真:無災害特別賞を受賞

四日市事業所ソーダ・塩ビモノマー課 電解係が、日本ソーダ工業会から平成28年度無災害特別賞を受賞しました。1971年電解プラント操業開始以来、安全に対する活動を継続し、安全意識を向上させてきた結果、無休業労働災害を45年間継続。その功績が評価されました。

工業電解業績賞を受賞

写真:工業電解業績賞を受賞

技術センター生産技術室の榊 孝さんが、電気化学会 電解科学員会から、2017年度工業電解業績賞を受賞しました。

この賞は、長きにわたり「工業電解技術」の発展に顕著な成果を挙げた研究者に贈られるものです。入社以来40年間、食塩電解をはじめ、各種環境における腐食防食の研究に取り組み、その成果について、学術講演や学術論文投稿などを行ってきたことが評価されました。

防災技能コンテスト2年連続で総務大臣賞を受賞

写真:防災技能コンテスト2年連続で総務大臣賞を受賞

南陽事業所防災センターが、総務省消防庁が主催する「石油コンビナート等における自衛防災組織の技能コンテスト(防災技能コンテスト)」において2年連続で総務大臣賞を受賞しました。全国のコンビナート各社から43組が参加するなか、日頃の鍛錬の成果を十分に発揮し、その技能が極めて優秀であるとの評価をいただきました。

エコドライブ活動コンクール審査委員長特別賞

写真:エコドライブ活動コンクール審査委員長特別賞

四日市事業所は、KIEP'S(霞ヶ浦地区環境行動推進協議会)の一員として、交通エコロジー・モビリティ財団が主催する「エコドライブ活動コンクール」において、327件の応募のなかから審査員特別賞を受賞しました。

危険物事故防止対策論文 奨励賞を受賞

写真:危険物事故防止対策論文 奨励賞を受賞

南陽事業所ソーダ製造部 無機課の安永 浩昭さんが、危険物保安技術協会から平成29年度危険物事故防止対策論文奨励賞を受賞しました。この賞は、同協会が公募した論文のなかから、危険物に関わる事故防止対策に関する取り組みおよび成果などについて特に奨励される論文に贈られるものです。

日本化学工業協会 環境技術賞を受賞

写真:日本化学工業協会 環境技術賞を受賞

2017年の水俣条約施行などで厳格化された重金属の排出基準に対応するために開発した排水用重金属処理剤「TX-55」は、高い重金属処理性能に加え、安全性にも優れる水質汚染防止技術として高い評価を受けています。今回、環境負荷低減に対して著しい効果があり、科学技術の進歩に寄与したものとして、日本化学工業協会環境技術賞を受賞しました。

TOPICS

東ソー・環境エネルギー賞を授与

有機合成化学協会において企業冠賞として「東ソー・環境エネルギー賞」を創設しました。同賞は、有機合成化学において、環境・エネルギー分野に寄与する独創的かつ優れた功績を挙げた研究者に授与されるものです。2017年度は、京都大学大学院人間・環境学研究科の藤田 健一教授が受賞されました。

写真:東ソー・環境エネルギー賞を授与