ペースト塩ビ(リューロンペースト®)

特徴

粒子径を精密制御して作られた特殊塩ビです。可塑剤と混合することで流動性の良いペースト状となり、常温での成型が可能となります。その後加熱溶融して製品とします。常温で流動性のよい状態で成形ができる為設備コスト、エネルギーコストを低く抑えられる特長があります。

用途

常温で流動性が高く、加工性に優れる特徴を活かし、壁紙、床材(クッションフロア、タイルカーペット)、自動車、手袋、字消し、レザー製品、帆布、玩具などに幅広く使用されています。

化学式

-[CH2-CHCl]n-

構造

生産体制

ペースト塩ビは南陽事業所(山口県周南市)で生産しています。
原材料である塩ビモノマーからの一貫生産体制を構築しており、品質面、供給面において優れた安定性を有しています。

ペースト塩ビ(リューロンペースト®)のしくみ

1 汎用塩ビとの違い
汎用塩ビの一次粒子が数十~数百μmの非球状粒子であるのに対し、ペースト塩ビは0.1~数μmの真球状で、粒子径が揃った一次粒子となります。
項目汎用塩ビペースト塩ビ
外観 白色粉末 白色微粉末
一次粒子径(μm) 50~200 0.1~2
粒子形態 多孔質
不定形
非多孔質
球状
可塑剤
吸収性
混練時
成形時

2製造法
塩ビモノマー、開始剤、乳化剤、水などを用いて粒子径0.1~数μmの塩ビラテックスを重合し、その後噴霧乾燥により紛体状の製品とします。製品形態は紛体の流動性の違いにより、微粉タイプと顆粒タイプの2種類に分類されます。顆粒タイプは紛体流動性が高く、ハンドリング性に優れます。

3加工法
可塑剤、安定剤、その他配合剤と共に混練してペースト塩ビゾルを調製します。このゾルはコーティング(壁紙、床材)、ディッピング(手袋)、スラッシュ成型(人形)、スプレーコーティング(自動車アンダーボディーコート)等の方法で成型し、その後加熱工程を経て最終製品となります。

4 ペースト塩ビゾルの粘度挙動
ペースト塩ビゾルはせん断速度によって粘度が変化する非ニュートン流体です。一般に低せん断領域ではせん断速度が低下するほど高粘度となるため耐タレ性に優れ、高せん断領域ではせん断速度が増加するほど粘度が低下するためコーティング適性に優れています。

5ペースト塩ビゾルのゲル化溶融挙動
ペースト塩ビゾルは加熱により液体状態から固体状態へと変化し、最終製品となります。
 ゾルを加熱すると塩ビ粒子への可塑剤吸収が進行し徐々に流動性が失われ、次第にゾル状態からゲル状態へと変化します。さらに加熱を続けると溶融が進行し、粒子の輪郭が消失します。十分な機械的強度を発揮させるためには、完全溶融させる必要があります。(酢ビコポリマーグレードはホモポリマーグレードと比べ溶融温度が低く、低温での加工に適しています。)

製品ラインナップ

この製品に関するお問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

東ソー株式会社

ポリマー事業部 
機能性ポリマー部 ペースト塩ビグループ

  • TEL:03-5427-5145
  • FAX:03-5427-5210

Get ADOBE READER

PDFをご覧頂くには、Adobe Reader®が必要です。
Adobe Reader®のダウンロードはこちらから(無償)