エチレン酢酸ビニル共重合体ケン化物(メルセン®H)

特徴

EVAの部分鹸化物で分子鎖中にアセトキシ基、水酸基を含むポリオレフィン系多元ポリマーである。金属、布、木材、プラスチック、紙などの各種材料に対する接着性に優れている。EVAに比べ軟化点、融点が高く、また低温脆化温度が低いため広い温度範囲で使用できる。機械的性質、耐溶剤性、熱安定性、透明性に優れている。厚生労働省告示20号(370号)証明試験に合格しておりPL認可済み。

用途

EVA、EVOH、NY、SEBS、ホットメルト接着剤など各種ポリマーの改質剤、高圧電線ケーブル用ポリエチレンの改質。流動浸漬、静電塗装などの粉体塗装。

化学式

エチレン酢酸ビニル共重合体ケン化物

構造

生産体制

エチレン酢酸ビニル共重合体ケン化物は、南陽の工場にて生産しています。

製品ラインナップ

この製品に関するお問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

東ソー株式会社

ポリマー事業部 
ポリエチレン部 メルセングループ

  • TEL:03-5427-5467
  • FAX:03-5427-5463
製品関連資料

製品カタログダウンロード

SDSダウンロード

Get ADOBE READER

PDFをご覧頂くには、Adobe Reader®が必要です。
Adobe Reader®のダウンロードはこちらから(無償)