石油化学事業

  • クロル・アルカリ事業
  • 石油化学事業
  • 機能商品事業
  • 製品情報検索

オレフィン

オレフィン事業は、四日市霞コンビナートにあるナフサクラッカーを核に展開しています。クラッカーの生産能力は 石化事業、さらには最近ではビニル・イソシアネート・チェーン事業の拡大、強化に合わせて増強を行ない、現在ではエチレンベースで年産49.3万トンと、 国内のナフサクラッカーの中では上位に位置付けられます。また、エチレンやプロピレンなどのコンビナート内での消化率が高く、1999年にはガスタービン 発電設備を設置、競争力のあるバランスの良いコンビナートとなっています。

オレフィン

ポリマー

ポリマー事業では、独自性かつ特色あるポリマー(高分子)事業を目指し、ポリエチレンと機能性ポリマーの領域を 融合しながら事業を展開しています。ポリエチレンは、低密度ポリエチレン(LDPE)、直鎖状低密度ポリエチレン(L-LDPE)、高密度ポリエチレン (HDPE)、エチレン酢酸ビニル共重合体(EVA)、ポリオレフィン系接着性ポリマー(メルセン)があり、それぞれの機能を重視しニーズに対応したグ レードを揃えています。
また、機能性ポリマーでは、クロロプレンゴムなどの特殊合成ゴム、特殊塩ビのペースト塩ビ、エンジニアリングプラスチックのPPS、粘着性付与剤の石油樹脂などがあります。
ポリマー事業では、各ポリマーの機能を重視しかつ各機能を線で繋げ幅広いニーズに対応できるような体制を構築しています。

ポリエチレン

機能性ポリマー