石英ガラス

特徴

石英ガラスは、1.純度が高い、2.耐熱性に優れる、3.光透過性に優れる、という特徴を有しており、半導体製造分野、通信分野、液晶パネル製造分野、光学分野、エネルギー分野等様々な分野で使用されております。素材から加工品まで一貫した生産体制を築いており、幅広い品揃えと共に長年培ってきた技術によりあらゆるニーズに対応が可能です。東ソー石英ガラスは、大きく分けて溶融石英ガラスと合成石英ガラスとがあり、そのそれぞれが使用目的に応じてさらに細かなグレードに細分化されております。

用途

半導体製造用炉芯管、ボート等、半導体製造装置部品、光ファイバー製造関連部品、半導体製造用マスク、液晶パネル製造用マスク、紫外・赤外線用レンズ・ウィンドー、高輝度ランプ管などの素材として用いられています。

化学式

シリカガラス/SiO2

生産体制

石英ガラス素材は全て東ソー・エスジーエム株式会社で行っています。また、石英ガラスの加工品は東ソー・クォーツで製造、販売を行っております。

グローバル体制

アメリカ、台湾、ヨーロッパに石英ガラス加工拠点を設け、世界中のニーズにお応えしております。

受賞歴

プリファード・クオリティー・サプライヤー賞
(TOSOH QUARTZ(米)がIntel Corporationから受賞)

製品ラインナップ

  • 溶融石英ガラス:N、NP、OP-1、OP-3、HR、HRPグレード
  • 超高純度溶融石英ガラス:Sグレード
  • 合成石英ガラス:ES、ESL-1、ESL-1000、ESL-2、ESL-2000、ED-C、ED-H
  • 参考資料(322KB)
この製品に関するお問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

東ソー株式会社

高機能材料事業部 電子材料部石英BU

  • TEL:03-5427-5121
  • FAX:03-5427-5200

Get ADOBE READER

PDFをご覧頂くには、Adobe Reader®が必要です。
Adobe Reader®のダウンロードはこちらから(無償)