電解二酸化マンガン

特徴

電気分解により得られる高純度二酸化マンガン。低不純物、微細で均一な形状。

電解二酸化マンガンの粒子形態例
(透過型電子顕微鏡の画像)

アルカリ乾電池用(代表例)  (%)

有効酸素(MnO2として)
91.0以上
H2O
2.0以下
Fe
0.02以下
Cu
0.0005以下
Pb
0.0009以下
PH
5-6
-200mesh(Dry sieve)
80以上

リチウム二次電池 正極材用(代表例) 

D10(μm)
10
D50(μm)
26
D90(μm)
45
Mn(%)
60
S(ppm)
3,500
Na(ppm)
300
Fe(ppm)
30
Cu(ppm)
< 1
Zn(ppm)
< 1
Pb(ppm)
< 1

用途

主にアルカリ乾電池の正極材に使用。またリチウムイオン二次電池の正極材(マンガン酸リチウム)の原料としても使用されている。その他用途としてフェライト原料、酸化剤としても使用される。

化学式

MnO2

生産体制

東ソー日向(株)およびTosoh Hellas A.I.C.にて生産。

グローバル体制

日本及びギリシアで生産することで世界中の顧客に供給中。なお、両社の製品は同一な品質を有しており、BCPにも対応。

受賞歴

2009年 チタン極電解槽が国立科学博物館の「重要科学技術史資料」に登録

製品ラインナップ

乾電池向け、リチウム一次電池向け、リチウム二次電池向け、その他用途向けに多数のグレードを保有。詳細は下記「お問い合わせ」までご連絡下さい。

この製品に関するお問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

東ソー株式会社

高機能材料事業部 電池材料部

  • TEL:03-5427-5172
  • FAX:03-5427-5217

Get ADOBE READER

PDFをご覧頂くには、Adobe Reader®が必要です。
Adobe Reader®のダウンロードはこちらから(無償)