臭素

特徴

ハロゲン元素のひとつで特異な物性と優れた反応性を有する。

用途

難燃剤、有機中間体、無機薬品、医薬品、農薬、写真感光材料、染料などの原料として使用。

化学式

ブロム/Br2

生産体制

臭素は南陽工場にて生産しています。

臭素の秘密

芸能人などの肖像写真であるブロマイド。もともと写真の感光材に臭素化合物(bromide)が用いられており、印画紙のことを英語で「bromide paper(ブロマイド紙)」ということから、ブロマイドと呼ばれるようになりました。ブロマイドの語源はギリシア語の「ブローモス(悪臭)」からきています。

この製品に関するお問い合わせはこちら

Webでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

東ソー株式会社

有機化成品事業部 臭素・難燃剤部

  • TEL:03-5427-5165
  • FAX:03-5427-5215

Get ADOBE READER

PDFをご覧頂くには、Adobe Reader®が必要です。
Adobe Reader®のダウンロードはこちらから(無償)