ニュースリリース [2008年]

2008年03月31日
東ソー株式会社

エチレンアミンの大幅な生産能力増強について


~機能商品事業をより一層強化し、ハイブリッド経営を加速~

 東ソーはこの度、南陽事業所(山口県周南市)において、機能商品事業の主力事業でフル生産・フル販売が続いているエチレンアミンの新系列年産3万6千トン製造設備を建設することを決定しました。投資金額は200億円強を予定。まず第一期計画として、年産2万6千トン設備を本年3月に着工し、2010年3月完工、さらに第二期計画として、年産1万トン設備を2012年3月完工と二段階にわけて建設を進めます。

 エチレンアミンはエポキシ樹脂硬化剤、紙力増強剤、キレート剤、界面活性剤、潤滑油添加剤、医・農薬原料など幅広い用途で使用されており、その需要は今後も年率3~4%程度の安定的な伸びが予測されています。特に当社が唯一の生産メ-カ-であるアジア市場では、年率5%を上回る高い需要の伸びが見込まれています。東ソーのエチレンアミンは、コスト競争力のある「ビニル・イソシアネート・チェーン」事業の二塩化エチレン(EDC)、苛性ソーダ等を利用するEDC法から生産されており、さらにハイアミンと呼ばれる分子量の多いグレードを高い収率で製造できる独自の新生産技術を採用しております。

 今回の新系列増設により生産能力は年産8万9千トンとなり、世界トップ級の生産能力を有することとなります。今回の設備増強により、エチレンアミン事業の売上高は300億円を上回る事業規模に拡大する計画となっています。尚、当社はオランダにてアクゾ・ノーベル社(オランダ)との合弁会社であるデラミン社でもエチレンアミン事業を展開しております。

 昨年12月に発表した四日市事業所でのハイシリカゼオライト・ジルコニア粉末の新規プラント建設に続く、今回の南陽事業所でのエチレンアミンの増強によ
り、弊社の最大の収益事業となっている機能商品事業の更なる強化・拡大をより
加速させていきます。