ニュースリリース [2008年]

2008年03月05日
東ソー株式会社

スチレンモノマーの合弁事業解消について


 東ソー株式会社と新日鐵化学株式会社とは、2008年3月末日をもって、日本スチレンモノマー株式会社(NSM社)におけるスチレンモノマーの合弁事業を解消することで合意いたしました。本年3月末をめどに、東ソーの保有するNSM社の全株式を新日鐵化学が買い取り、100%子会社といたします。
  
 東ソー株式会社のスチレンモノマー事業は、1998年10月の四日市事業所のプラント停止以降は、NSM社のみにて運営してまいりましたが、全社的な事業の「選択と集中」を進める中で、このたび事業撤退することと致しました。今後は、南陽と四日市の2つの事業所を中心に、コモディティ-、スペシャリティ-事業を両軸とする、ハイブリッド経営をより一層強化、推進する計画としています。

 他方、新日鐵化学株式会社はNSM社の完全子会社化に伴い、スチレンモノマー事業の年産能力は42万2千トンに増加し国内第4位の規模となります。今後も大分石油化学コンビナートの一中核企業として、昭和電工から受け入れる石油系原料に加え、新日本製鐵グループから供給される石炭系原料などの安定した原料供給体制を強みに、更には大きな需要拡大が続く中国市場へ近いというプラント立地条件も最大限いかした事業展開によって、今後とも強固な事業基盤の構築を目指してまいります。

■日本スチレンモノマー概要
設 立:1988年(1990年設備稼働)
資本金:4億円(新日鐵化学 65%、東ソー 35%)
社 長:小熊道郎(新日鐵化学取締役SEO化学品事業部長)
本 社:東京都千代田区(新日鐵化学本社内)
工 場:大分県大分市(新日鐵化学大分製造所内)
事 業:スチレンモノマーの製造・販売(年産能力23万2千トン)