ニュースリリース [2007年]

2007年06月21日
東ソー株式会社

固型苛性ソーダの値上げについて


~7月出荷分より、15円/kgの値上げ~

東ソーは固型苛性ソーダ(トーソーパール、フレーク苛性ソーダ)ついて、
7月出荷分から1キログラム当たり15円の値上げを実施します。

 弊社は、2006年3月に固型苛性ソーダの値上げを需要家の皆様にお願いし、併せて製造や物流等のあらゆるコストなどの見直し・総点検を行い、固型苛性ソーダ事業の健全かつ安定的収益事業への改善を図ってきました。

しかしながら、固型苛性ソーダの事業環境は厳しく、その後の原燃料価格やユーティリティコストの上昇による製造コストアップに加え、小ロット配送を中心とした物流費の上昇、また一定の品質を維持するためのメンテナンス費用や修繕費が増加する状況となっています。
また固型苛性ソーダの国内需要については堅調に推移していますが、2社2工場の国内生産撤退もあり、需給バランスはかなりタイトな状況が続くものと予想しております。           

 このような状況下、弊社としましては、固型苛性ソーダ事業の収益安定化を図り、安定供給を前提とした将来の製造体制整備を念頭に置いた「新価格体系」の早期構築のため、今回の価格修正を実施するものです。