ニュースリリース [2006年]

2006年03月07日
東ソー株式会社

固型苛性ソーダの値上げについて


~4月出荷分より、10円/KGの値上げ~


東ソーは固型苛性ソーダ(トーソーパール、フレーク苛性ソーダ)ついて、
4月出荷分から1キログラム当たり10円の値上げを実施します。

 弊社は固型苛性ソーダ事業の採算改善を図るため、これ迄製造コスト、物流コストなどの見直し・総点検を実施するとともに、2005年3月に固型苛性ソーダの値上げを需要家の皆様にお願いし、ご理解を賜りました。

しかしながら、固型苛性ソーダの事業採算は、原料である液体苛性ソーダの更なるコストアップに加え、資材価格の高騰によるプラント維持コストの上昇、小ロット配送を中心とした物流費の上昇を背景に、再び悪化しております。

 固型苛性ソーダの国内需要は堅調に推移しておりますが、事業撤退により6工場から5工場へ、生産能力は約10千トン(総生産能力の7%強)減少する予定で、需給バランスは極めて厳しい状況になるものと予想しております。

 このような状況下、事業収益の健全化を図り固型苛性ソーダを安定的に生産・供給するために、今回の値上げを実施するものです。