ニュースリリース [2004年]

2004年11月30日
東ソー株式会社

直鎖状低密度ポリエチレンの共同生産合弁事業を解消


住友化学株式会社(以下、「住友」。本社:東京都中央区、社長:米倉弘昌)と東ソー株式会社(以下、「東ソー」。本社:東京都港区、社長:土屋 隆)とは、直鎖状低密度ポリエチレン(以下、「LLDPE」)を生産するために共同で設立した千葉ポリエチレン有限会社(以下、「千葉」。本社:東京都中央区、社長:鈴木孝利、資本金500百万円)に関し、この度、両社間で次のとおり基本合意に達しましたので、お知らせいたします。

 
1.基本合意の内容
  (1) 両社はLLDPE共同生産のための合弁事業を解消することに合意し、住友は、本年12月末をもって千葉の東ソーの持分(25%、125百万円)を譲り受け100%子会社にするとともに、持分に付属する製品引取権(生産能力100千t/年の25%)を買い取ります。
  (2) 譲渡後の経過措置として、一定期間、住友は東ソーに対して千葉のLLDPEの供給を継続いたします。
     
2.解消後について
  (1) 住友は、千葉が所有する気相法LLDPE製造設備を活用し、LLDPEとは異なる独自の次世代型ポリエチレン(EPPE)の生産体制を整え、市場開発をさらに加速させます。
  (2) 東ソーは、千葉譲渡後も四日市事業所の自社設備で生産するLLDPE(高圧法)の販売を継続し、低密度ポリエチレン(LDPE)、エチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA)、高密度ポリエチレン(HDPE)とともに、引続き特殊品比率の拡大による差別化戦略を加速し、ポリエチレン事業の基盤強化をはかっていきます。
     
3.千葉ポリエチレン有限会社の概要
  設   立 : 1990年2月
  代 表 者 : 鈴木 孝利(住友化学 執行役員千葉工場長)
  所 在 地 : 本社 東京都中央区
          工場 千葉県袖ヶ浦市(住友化学千葉工場内)
  目   的 : 直鎖状低密度ポリエチレン樹脂の製造・販売
  資 本 金 : 500百万円
  出資比率 : 住友化学75%、東ソー25%
  設備能力 : 100千t/年


本件に関する問合せ先
  住友化学株式会社 IR・広報部 03-5543-5102
  東ソー株式会社 広報室 03-5427-5103