ニュースリリース [2003年]

2003年12月08日
東ソー株式会社

科学計測事業で遺伝子検査ビジネスに進出


東ソーは米国のジェンプローブ社(カリフォルニア州サンディエゴ)と2004年1月1日付け発効の遺伝子検査技術に関するクロスライセンス契約を締結しました。東ソーは現在、東京研究センターにおいて新規の遺伝子増幅法(TRC法:Transcription Reverse transcription Concerted amplification method)及び検出法(INAF法:INtercalation Activating Fluorescence probe method)を研究・開発しています。今回ジェンプローブ社所有の遺伝子増幅法(TMA法:Transcription Mediated Amplification method)及びリボゾームRNA測定を初めとする検査項目関連特許のクロスライセンスに合意したことにより、当社独自技術を活かした遺伝子検査の早期事業化が可能となりました。

東ソ-はバイオサイエンス事業については、(a)高速液体クロマトグラフィ-関連の分析機器・カラム・分離剤などの計測事業、(b)糖尿病検査装置、(c)免疫診断装置および診断薬などの免疫診断事業を、国内を始め欧米の子会社を通じグロ-バルに事業展開し、その連結売上高は約200億円に達しています。


今回のクロスライセンス契約により、バイオサイエンス事業部は、第四の柱として既存のDNA検査技術と差別化されたRNAのリアルタイム・迅速検査製品を中心とした遺伝子検査事業(TRC事業)を全世界で新たに展開することになります。まず2004年1月から、食中毒菌毒素遺伝子測定用のTRC試薬として腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒素mRNAとTRC専用に開発されたリアルタイムモニターシステムTRCR-160の国内販売を開始します。東ソーの遺伝子検査技術はホモジニアス系で、前処理済み検体に2種類のTRC試薬を加えるだけの簡単な操作で迅速(10~30分)かつ正確に結果が得られることが特長です。

これに続くサルモネラ菌病原因子mRNA、O-157などの腸管出血性大腸菌毒素mRNA、結核菌などの抗酸菌rRNAを測定する体外診断薬の上市準備も進めており、更に癌転移を組織内癌遺伝子の発現で確認するmRNA測定試薬、検体の前処理から検出まで全自動で行えるTRC測定システムなども開発中です。

東ソーの遺伝子検査事業は、2004年からの国内販売開始に続く2005年からの海外子会社での欧米・アジア市場への販売開始により、2008年にはグル-プ会社連結ベ-スで30億円の売上規模を目標としています。今回の新たな遺伝子検査ビジネスへの進出は、バイオサイエンス事業の強化・拡大に大きく寄与するものと期待しています。

 

 

 
《問い合せ先》  
東ソ-株式会社 バイオサイエンス事業部 TRCプロジェクトチ-ム
    (TEL:03-5427-5182)
  広報室 (TEL:03-5427-5103)