ニュースリリース [2003年]

2003年06月13日
東ソー株式会社

四日市事業所の認定完成検査実施者及び認定保安検査実施者の認定の取消しについてのお詫びと今後の再発防止について


当社四日市事業所は、6月13日付にて経済産業省より高圧ガス保安法に基づく認定完成検査実施者及び認定保安検査実施者の認定の取消しを受けました。当社の調査において、平成12年から14年において認定事業者として行った四日市事業所の保安検査の際、同事業所の14製造施設のうち、エチレン製造施設、キュメン製造施設等一部の製造施設において、検査項目の1つである肉厚検査が実施されていなかったこと、予測数値が記入されその予測数値に基づいて審査を行い合格とした検査記録を三重県に届けたこと、及び検査組織及び検査管理組織においてこの記入数値により肉厚測定が実施されていると判断して確認と精査に到らなかったことが判明し、このことが今回の認定の取消しにつながっております。
 四日市事業所は、平成11年以降高圧ガス保安法に基づく認定事業者としての認定を受け、認定事業者としてのより厳しい保安検査の責務が要求されるなかで、今回の件は本来発生してはならないものでありはなはだ遺憾で深く反省しております。

 四日市事業所は、平成15年度の3月から4月にかけて本件の肉厚測定項目を含めた法定保安検査を実施済みであり、安全性の確認も行われておりますが、本年の検査が隔年毎に行われている運転中の検査ということもあり遺漏なき様万全の策をとる為、自主的にエチレン製造施設、キュメン製造施設等を5月15日(木)より停止し再度保安確認を実施しております。

 当社と致しましては、今後高圧ガス保安法を始めとする法令遵守の重要性の更なる認識の喚起と周知徹底を図るため、新たに社内に『コンプライアンス委員会』を設置致しました。また今後も当局のご指導をいただきながら、コンプライアンス教育の徹底を始めとして、検査計画の作成、実施、検査結果の審査・評価の各段階において実効ある施策を講じ、保安体制に万全を期し、皆様の当社への信頼を引き続き確保するよう努める所存であります。