ニュースリリース [2003年]

2003年01月16日
東ソー株式会社

科学計測事業部・海外子会社の社名変更について


バイオサイエンス事業部・海外子会社の社名変更について
~統一ブランド「TOSOH Bioscience」で世界展開~




東ソーは、バイオサイエンス事業のより効率的な世界展開を目指し、2003年1月1日付で米国子会社「トーソー・メディックス Inc.」を「トーソー・バイオサイエンス Inc.」に、欧州子会社「トーソー・バイオセップ GmbH」を「トーソー・バイオサイエンス GmbH」に社名変更しました。

また、既に2002年10月1日付でトーソー・バイオサイエンス N.V.(旧 ユーロジェネテックス N.V.)、トーソー・バイオサイエンス SRL(旧 ユーロジェネテックス イタリアSRL)、トーソー・バイオサイエンス A.G.(旧 E.S.ジェネテックス S.A.)、トーソー・バイオサイエンス Ltd.(旧 ユーロジェネテックス U.K.Ltd.)、並びに2002年11月1日付でトーソー・バイオサイエンス LLC(旧 トーソー・バイオセップ LLC)と社名変更しております。今回の社名変更により国外のバイオサイエンス事業において、今後は「TOSOH Bioscience」の統一社名、統一ブランドで事業展開していきます。(別紙参考資料参照)

バイオサイエンス事業の海外展開は、既存企業への資本参加、合弁企業・子会社の設立、そして2000年11月迄には海外全関連会社を100%子会社化とその規模を拡大してきました。
但し、設立や買収した経緯が異なることから東ソーグループとしての統一性に欠けていましたが、今回の社名変更により今後は米国地域・欧州地域の会社を一体運営を行い、グローバル・カンパニーとして「TOSOH」ブランドで、市場へのプレゼンスを高めていきます。同時にITシステム・サプライチェーン・事業所・人的資源等の相互運用を可能として、全世界のユーザーに対して効率良く、より質の高いサービスを提供していきます。

東ソーのバイオサイエンス事業は、a)糖尿病検査装置や免疫診断装置および免疫診断薬などからなる診断事業、b)高速液体クロマトグラフを核とした分析機器やHPLCカラム、トヨパールなどからなる計測事業より構成されています。今後もバイオサイエンス事業は現在の連結売上高約200億円の更なる事業強化・拡大を図りながら、グローバルに事業展開していきます。

以上