ニュースリリース [2002年]

2002年06月10日
東ソー株式会社

分離精製剤「トヨパール」の能力を倍増


トヨパールの生産能力倍増
―分離精製剤の需要拡大―




 東ソーは、医薬品などに使用される酵素、タンパク質、糖類、抗生物質などの生体関連物質の分離精製に幅広く用いられているトヨパール(商品名)の生産能力(南陽事業所)を倍増します。完工は2003年3月を予定。

 トヨパールは親水性ポリマーを基材とした、粒径が数十~150μm(ミクロン)程度の半硬質全多孔性球状体で、イオン交換性、疎水性、特異的親和性などにより、目的成分を分離精製する機能を有しています。トヨパールをはじめとした分離精製剤市場は、近年のバイオテクノロジーの発達・普及によるバイオ医薬品などの活発な事業化により、年率10%以上の伸びで成長しています。
 東ソーは2000年4月にトヨパールの生産能力を50%増強していますが、今後の大幅な需要増に対応するため、更なる能力倍増を行うこととしました。

 また、今回の設備増強では生産工程の効率化が図られ、ユーザーニーズを反映させた製品などの開発・商品化のスピードアップ、納期の短縮化が可能となります。
 さらに、セールスエンジニアの増員やヨーロッパ子会社へのラボ機能の設置などを行い、既存ビジネスの拡大、新規ビジネスの獲得を一層推進していきます。

 トヨパールを中核とした分離剤分野は、高速液体クロマトグラフなどの計測分野、免疫診断や糖尿病診断などの診断分野とともに、科学計測事業の主要分野の一つとなっています。東ソーグループは科学計測事業をスペシャリティ分野におけるコア事業の一つとしており、今回のトヨパールの設備増強や製品開発体制さらには営業体制の拡充をはじめ、今後ともグローバルでの事業強化を図ります。

以上