ニュースリリース [2002年]

2002年02月20日
東ソー株式会社

燐化学工業、赤リン系難燃剤設備倍増(アジア最大)


赤リン系難燃剤の生産能力増強
―アジア最大の年産700トン―




 燐化学工業(本社:富山県新湊市)は、電機・電子産業分野で使用される樹脂向けに需要が拡大している赤リン系難燃剤の生産能力を5月完工予定で倍増、年産700トン体制とします。投資額は約10億円。
 あわせて、この能力増強により、世界初の超微細球状赤リン系難燃剤「ノーバエクセルF5」の量産が可能となり、本格的に販売展開を開始します。

 赤リン系難燃剤は少量添加で難燃効果があるため、添加後の樹脂物性への影響が非常に小さいことから、電機・電子部品向けを中心に使用が急増、年率30%に近い需要の伸びが予想され、数年後の国内市場規模は1000トン程度になる見込みです。
 燐化学工業では、当社が特許を持つ特殊製造法による球体様の赤リンに、さらに表面被覆処理を施すことで、一般に使用される破砕型赤リンに比べ、化学的性質の長期安定性および取り扱いの安全性に優れた赤リン系難燃剤を供給しています。この品質優位性により、当社への電機・電子関連業界からの引き合いは活発で需要を賄えない状況にあり、今後の販売量増加への対応ならびに供給責任を果たすため、能力を倍増することにしたものです。
 また、本格的に市場投入する「ノーバエクセルF5」は、やはり当社の特許化された特殊製造法による平均直径2?m程度の超微細球状赤リンを原料とした難燃剤です。超微細で粒度分布が狭いため、樹脂中での分散性が良好で薄膜化が進む市場ニーズに適合しており、主として電子材料分野で積極的に展開を図っています。

 燐化学工業はアジア最大のメーカーで、国内の赤リン系難燃剤市場では約80%のシェアを持っています。今後、「ノーバエクセルF5」をはじめ、ユーザーニーズに合った製品を開発、グローバルな事業展開を更に進めます。

【燐化学工業(株)概要】
 本社 :富山県新湊市新堀34
 社長 :中嶋 武俊
 設立 :1925年(大正14年)
 資本金:1億2千万円(東ソー60%、その他個人株主)
 売上高:約30億円(2001年3月期)

<本件に関するお問い合わせ先>
 燐化学工業  東京支店 03-3272-3511
 東ソー     広報室   03-5427-5103