ニュースリリース [2002年]

2002年01月04日
東ソー株式会社

社長年頭挨拶(1月4日、東ソー本社での年頭訓話から抜粋)


土屋 隆 社長  年頭挨拶(骨子)


 21世紀は非常に厳しいスタートとなった。日本経済は2年連続のマイナス成長が予想され、将来への見通しも変動幅が大きい状態である。このような状況下、共存共栄は終焉し、厳しいサバイバル競争が始まっている。
 従来の延長線上とは別の世界に入ったとの自覚が必要である。


  当社は、想定される最悪の条件下でも然るべき利益の出せる体質を構築すべく、構造改革に挑戦してきた。しかし、現在の経営環境は、はるかに悪くなっており、2003年度完了の構造改革の早期実現のみならず、更なる改革が必要となってきている。
 即ち、「すべてのコストが利益・効用等の対価として適切なのか」、「各事業が将来的に勝ち残れるものなのか」等の観点から、東ソーグループ各社も含めてもう一度総ざらい、総点検し、足場を固める必要があり、構造改革と並行して2002年度から推進したいと考えている。

 今年はあらゆる業界において退場組がはっきりし、残った企業にとっては、その事業を本当に意味のあるものにするための移行期となろう。
 すなわち、収益力豊かな事業に出来た企業のみに夜明けが訪れると言うことであろう。
 苦しくても我々の目指す企業像の実現に向けて、着実かつ大胆に進まなくてはならない。