ニュースリリース [1999年]

1999年12月06日
東ソー株式会社

トヨパールの生産能力を50%増強


東ソー株式会社

トヨパールの生産能力を50%増強


東ソーは、酵素、タンパク質、糖類、抗生物質など生化学分野での研究開発や食品分野、医薬品分野などでの製造において幅広く利用されている分離精製剤であるトヨパール(商品名)の生産を現在の富山工場および南陽事業所の2拠点から南陽事業所に集約、あわせて生産能力を50%増強します。
着工は2000年2月、完工は同年4月を予定。
投資金額は約3億円。

トヨパールをはじめとする分離精製剤は、特に欧米での需要が旺盛であり、一方で、性能に対するユーザーの要求も多様化しています。
東ソーは拡大していく分離精製剤の需要に対応し、トヨパールの生産を南陽事業所に集約、同事業所で行っている製品開発と一体化することにより、分離精製剤事業をさらに強化していきます。

トヨパールは、イオン交換性、疎水性、特異的親和性、分子の大きさの違いなどによって、液体状にした物質(試料)中に含まれている微量成分を分離させ、目的成分の精製を行うものです(中速液体クロマトグラフィー法)。
米国食品医薬品局のドラッグマスターファイル(DMF)への登録や、医薬品などの製造原料の微生物汚染に関する品質保証(バイオバーデン)への対応などがなされているため、食品や医薬品の製造に広く使用されています。

トヨパールは、分析機器、診断機器などとともにバイオサイエンス事業の主力製品のひとつで、中速液体クロマトグラフィー法による分離精製剤としてのシェアは世界で第2位。
現在、バイオサイエンス事業部の売上高は年間100億円程度ですが、日本国内や欧米のバイオサイエンス関連の子会社を含めた東ソーグループの売上高は年間約200億円。東ソーは、今後も市場ニーズに合った新商品の開発や生産体制の強化などを推進しながら、バイオサイエンス事業の更なる成長を目指していきます。

以上