ニュースリリース [1999年]

1999年09月08日
東ソー株式会社

インドネシアの塩ビ樹脂会社を子会社化


東ソー株式会社
三井物産株式会社

スタトマーの株式を日系2社で全株取得

東ソーと三井物産は、インドネシアにおいて現地パートナーであるサリムグループとともに運営している塩ビ樹脂の製造販売会社であるスタンダード・トーヨー・ポリマー(スタトマー、出資比率;東ソー 30%、三井物産 20%、サリムグループ 50%)について、日系2社で同社の株式を全株取得する検討を出資会社間で進めてきましたが、この程、同国政府より日系2社で同社の株式を全株取得することが許可され、近日中に同社の資本構成は東ソー 60%、三井物産 40%となります。
インドネシアでは1998年7月に外資法が改正され、外資100%が認められるようになりましたが、同国に立地している化学企業でスタトマーが初の日系100%企業となります。

スタトマーは1975年に設立し、1977年から年産2万4千トンの生産能力を有する塩ビ樹脂プラントを稼働、同樹脂の販売を開始しました。その後、インドネシアをはじめとする東南アジアや中国などにおける塩ビ樹脂の需要拡大にあわせ4回に渡る増設を行い、現在の生産能力は年産8万6千トンとなっています。

インドネシアにおける塩ビ樹脂の需要は、1997年には年間30万トン程度あったものの、昨年は同国での経済混乱の影響で年間約10万トンまで減少、しかし、本年は年間20万トン近くまで回復する見込みです。今後も上下水道用パイプや電線被覆などの社会インフラをはじめ日用・雑貨品に至るまで、成長が期待されています。

東ソーの塩ビ樹脂事業は、南陽事業所のペースト塩ビ(年産能力2万8千トン)をはじめ、関係会社として国内では、最大手の大洋塩ビ(同61万トン)、徳山積水工業(同11万トン)、海外ではスタトマーのほか、同じくインドネシアのサトモ・インドビル・ポリマー(同7万トン)、フィリピンのPRII(同7万トン)とアジア地域において積極的に展開、生産能力として年間100万トン近い(97万4千トン)規模を有しています。さらに、スタトマーおよびPRIIでは次期増設の検討も進めています。
また、東ソーは本年7月に塩ビ樹脂の原料となる塩ビモノマーの増強を完了、アジアにおけるこれら塩ビ樹脂の関係会社に対しても相当量を供給していきます。


三井物産においても塩ビはエチレン派生商品のコアと位置づけ、塩ビ樹脂製造会社としてスタトマーをはじめ、タイプラスチック(タイ)、シレス(ポルトガル)、三井ビナプラスチック(ベトナム)、また、最近では二塩化エチレンあるいは塩ビモノマーといった塩ビ樹脂の上流部分を含めた製造会社としてバルカン・クロールアルカリ(米国)、ビニールクロライド・マレーシア(マレーシア)、滄井化工(中国)を設立、従来からのサプライヤー・ユーザー間の物流にこれら関係会社間の物流を融合させ三井物産のビニル・チェーン・ネットワークをさらに強固なものにしていきます。



問い合わせ先: 東ソー株式会社 広報室 TEL 03-3505-4531
三井物産株式会社 広報室 TEL 03-3285-7596