東ソー株式会社
高機能炭化水素系洗浄剤
HOME English お問い合わせ
東ソー株式会社HOMEへ
HCシリーズ
洗浄システム例
サポート体制
洗浄豆知識
洗浄の基本パターン
溶解型洗浄のポイント
洗浄方式について
乾燥方式について
蒸留再生について
使用液の管理について
被洗浄物の清浄度管理について
消防法について
よくあるご質問
ノンハロゲン非引火洗浄剤 HAシリーズ

お問い合わせ

〒105-8623 東京都港区芝 3-8-2

東ソー株式会社

環境薬剤部 洗浄剤グループ

電話(03) 5427-5167

e-mail:senjo-1-jq@tosoh.co.jp

洗浄豆知識

洗浄の基本パターン

 各種製造業における工業用洗浄は、そのメカニズムによって一般的に、[溶解型洗浄]、[剥離型洗浄]、[分解型洗浄]の3つのパターンに分類されます。

洗浄の基本パターン

溶解型洗浄

 溶解型洗浄は、汚れを溶解して洗浄剤中に拡散させて除去する洗浄方法です。油性の汚れを炭化水素や有機溶媒で除去する場合、あるいは水溶性の汚れを水で除去する場合はこれに当てはまります。トリクロロエチレンや塩化メチレンなど、かつての塩素系洗浄剤もこのパターンであり、汚れの除去効率が比較的良く、被洗浄物へのダメージも少ないことから、工業用洗浄においてはスタンダードな洗浄方法です。HCシリーズによる洗浄も基本的にはこのパターンとなります。

剥離型洗浄

 剥離型洗浄は、界面活性剤などの効果により汚れを被洗浄物から引き剥がす洗浄方法です。被洗浄物への影響は少ないですが、汚れを引き剥がすのに物理力を当てる必要がありますので、溶解型に比べ汚れの除去効率は一般に高くありません。また、洗浄後に被洗浄物から界面活性剤を除去するため純水リンス洗浄を繰り返し行う必要があり、洗浄システムが大型になりがちです。

分解型洗浄

 分解型洗浄は、強アルカリや強酸によって、汚れを分子レベルで分解して除去する洗浄方法です。最も強力な洗浄方法ですが、被洗浄物へのダメージに注意を要します。また、環境への負荷が大きいので排水や廃液などの処理にも気を配る必要があります。

サイトのご利用条件 Copyright (C) TOSOH CORPORATION