社会とともに

社会と協働し持続可能な社会の発展に貢献することが、東ソーの役割であると考えています。そのために、ステークホルダーとのコミュニケーション活動を大切にしています。

各事業所や研究所では、地域社会に対して対話の機会を積極的に設け、信頼関係の構築に努めています。

2016年度の活動実績の一部を紹介します。

次世代育成

南陽事業所

職場体験学習

事業所近隣の中学校を対象とし「職場体験学習」の実習生を受け入れています。企業で働く人々と接し、仕事を体験することで、職業や勤労への関心を高め、望ましい職業観・勤労観を形成することを目的としています。実習生からは「自分の 将来に向けて考える貴重な体験ができた」とお礼のお言葉をいただきました。

四日市事業所

出前授業

四日市市教育委員会より依頼を受け、市内の小・中学校にて出前授業を行っています。"Let's"*1のメンバーが講師となり、四日市コンビナートの歴史、環境クイズ、東ソーの重曹からできる入浴剤作りなどを体験していただいています。子どもたちが理科に触れる機会を増やし、興味をもってくれるように推進しています。

*1【Let's(Local Education TOSOH's)】 地域貢献活動を行う目的で、若手メンバーの自主的な集まり。

本社

夢・化学-21 夏休み子ども化学実験ショー

化学業界団体主催の本イベントは、楽しくて面白い化学実験やショーが行われ、2016年で13回目の出展となります。東ソーのブースでは、ポリエチレン製カラービーズを使ったオリジナルコースター作りを体験していただきました。子どもたちには、化学の不思議を通して、化学をもっと身近に感じてもらうことができました。

東京研究センター

少年野球チーム グラウンド開放

毎休日には、地域の軟式少年野球チーム「早園パワーズ」に練習グラウンドとして、当センター内のグラウンドを開放しています。このチームは、青少年の「礼儀」「信頼」「協調性」「責任感」を養い、すべてに対して調和のとれた人間育成を目的に活動しています。開放時には、当センター内に元気な声が響いてきます。

安全環境

南陽事業所

長田海浜公園ボランティア清掃

毎年海開き前に、事業所近隣にある長田海浜公園の草刈りと長田海岸のゴミ拾いを行っています。収集した草およびゴミの山は、ゴミ袋の約200個分にもなります。地域住民の憩いの場でもあるこの公園の環境を守るとともに、シーズン中は多くの海水浴客が訪れるため、" 綺麗な海岸で、気持ち良く海水浴を楽しんでもらえるように"との思いも込められています。

四日市事業所

自治会防災訓練

近隣の自治会(羽津地区、富田地区、富洲原地区)では、避難誘導訓練後、AEDや消火器体験、煙で充満した部屋を通り抜ける煙道体験などが実施されました。臨海部に面している地区の防災意識は特に高く、実践さながらの緊張感ある訓練です。事業所内の安全を徹底するだけでなく、地域とともに安全・防災について考え、相互理解を深める機会になっています。

地域交流

南陽事業所

第3回ムーンフェスタしんなんよう

毎年、永源山公園にて新南陽商工会議所主催の本イベントが開催されます。パワースポットといわれている園内に並べられた灯篭は、夕暮れ時一斉に灯され、幻想的な世界を創り出します。東ソーは、日中に訪れた方々に楽しんでいただけるよう、エア遊具や露店などを出展しています。地域の方々の交流が深まり、さらに地域が発展していくよう願っています。

四日市事業所

第6回RC四日市地区地域対話会

日本化学工業協会RC委員会に加盟する四日市地区12社が主催し、地元住民と行政が参加しました。『安全・安心を目指した企業の保安防災・環境保全活動』をテーマに、講演と特別発表、パネルディスカッションが行われ、闊達な意見が交わされました。今後の保安防災・環境保全活動に、三者が一体となって取り組む大きな第一歩となりました。

社外からの表彰

ウレタン研究所
献血活動 厚生労働大臣感謝状 受賞

ウレタン研究所では、30年近く献血活動に協力しており、第52回献血運動推進全国大会において献血功労に係る「厚生労働大臣感謝状」を受賞しました。この賞は、過去10年以上継続して年2回以上、組織的に活動に協力している団体や個人に贈られるものです。血液需要の増加が見込まれるので、今後も献血活動を通して社会に貢献していきます。