RC推進体制

レスポンシブル・ケアとは

レスポンシブル・ケア(Responsible Care)とは、化学物質を扱う事業者が、化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至るすべての過程において「環境・健康・安全」を確保するとともに、社会との対話・コミュニケーションを行う自主活動です。

日本では、日本化学工業協会レスポンシブル・ケア委員会により取り組みが進められています。

RC推進体制

RC活動を推進するRC委員会は、環境保安・品質保証部担当役員を委員長として、各部門長(管理部門、事業部門、事業所)より構成されています。具体的な活動として、全社RC方針の策定、重要基本事項の審議や勧告および承認、活動に関する重要な諸施策の策定などを行っています。RC委員会の議事結果および年間活動方針は社長に報告されたのち、取締役会にて審議されます。取締役会で承認された活動方針などに基づき、各部門で計画を作成し活動を展開しています。各部門の活動実施状況についてはRC監査を行い、結果を次年度の改善に反映させるPDCAサイクルにより、スパイラルアップを図っています。

活動の結果は、公式ウェブサイトやCSRレポートで公表するとともに、地域社会の皆さまとの交流の場においてもお伝えしております。

RC推進体制図

RC監査

各部門の活動実施状況を把握し、次年度の改善計画に反映させるため、南陽事業所、四日市事業所、東京研究センター、ウレタン研究所を対象として年1回以上の監査を行っています。

RC委員長と事務局で構成される監査団と被監査側との間で、活動状況と次年度以降の課題が話し合われます。なお、2012年度以降は、岡山大学・鈴木教授にも監査団の一員として参画いただいております。

総合労働災害防止協議会

総合労働災害防止協議会は、南陽事業所で働く東ソー、東ソーグループ会社および協力会社が一致協力して安全活動の向上に取り組むことで、事業所構内の快適な労働環境を形成することを目的に開催しており、2017年4月で102回目になりました。

この協議会では、各社の安全衛生計画の共有、労働安全に関する講演、優良協力会事業所の表彰などを行います。

安全環境交流会

国内グループ会社の保安防災・労働安全衛生および環境保全の推進を目的に、本社環境保安・品質保証部が実施しています。具体的には、RC活動に対する計画と実施状況の確認およびフォローアップ、工場パトロールによる現状確認と助言などを行い、安全・環境への感度を高める取り組みを行っています。